願いを叶えたくても目的とゴールが曖昧な人は、行動できる目標が設定できない

願いを叶えたくても目的とゴールが曖昧な人は、行動できる目標が設定できない

願いを叶えたい、成功したいと考えた時、多くの人はいかに自分が思い描いていることを手に入れるかを考えています。

でも、ちょっと待ってください。

 

そもそも、どうしてその願いを叶えたいと思ったのですか?

どうして、成功したいと思ったのですか?

 

そうやって考えてみると、なぜ?という「目的」と実際に目指す「ゴール」が曖昧なことに気づきます。

そして、この「目的」と「ゴール」が曖昧だから、どれだけ「目標」を立てても実行することなく終わってしまいます。

 

だから、願いを叶えたい、成功したいと言う人は、まずは「目的」と「ゴール」と明確にする必要があります。

目的、ゴール、目標という言葉をハッキリと定義する

どんな言葉でも同じことが言えるのですが、自分の中でその言葉をどのように定義しているかによって、同じ言葉を使っていても全然受け取り方が変わってしまいます。

ちなみに私の言う「定義」とは、辞書に載っている意味のことだを言っているのではありません。

 

例えば「決意」という言葉がありますが、これほど人によって定義が異なるものはありません。

「決意」という言葉を辞書で調べれば、同じ意味が載っています。

でも、「決意」をしたら、必ず成し遂げなくてはいけないと考えている人がいる一方で、「決意」をしても、すぐに諦めてしまう人もいます。

そうすると、両者が話をしている時に同じ言葉を使っていても、全く違うことを考えているため話が通じないということが起こってしまいます。

 

多くの人が、だれかと話をしていて、ちゃんと伝わっていなかったということは経験したことが何度もあるでしょう。

これは、人それぞれに言葉の定義が違うからです。

 

同じように、「目的」「ゴール」「目標」もしっかりと定義する必要があります。

ちなみに、私は「目的」「ゴール」「目標」の順番で書いていますが、この順番も大切です。

「目標」「ゴール」「目的」と考えている人と「目的」「ゴール」「目標」では、大きく考え方が変わるからです。

 

多くの人は、そこまで気にしていないでしょうが、願いを叶えたい、成功したい、人生を変えたいと思っている人はしっかりと考える必要があります。

なぜなら、それによって人生が変わるスピードが全く変わってくるからです。

先ほどの「決意」だって、どうやって定義しているかによって、全然結果が違うのは誰にでも分かりますよね。

ということは、「決意」というものを、あなたの中でどう定義するのが良いのかというのは、自ずと変わってきます。

 

前置きが長くなりました、じゃあ「目的」「ゴール」「目標」どう定義するのか?

その前に「目的」「ゴール」「目標」の意味について知っておきましょう。

 

まずは「目的」ですが、goo辞書で調べると『 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。』となっています。

願いを叶えたい人であれば、どうして願いを叶えたいのか?ということになります。

 

次に「ゴール」はgoo辞書で『努力などの目標点。最終目的。』となっています

願いが叶った状態とは、どういう状態なのかというのがゴールですね。

 

最後に「目標」ですが、goo辞書で『行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。』となっています。

願いを叶えるために、達成しなくてはいけないことが目標ということになります。

 

こうやって、意味を調べてみると、私は「目的」「ゴール」「目標」の順番が大切だと考えました。

「目的」があるから「ゴール」が設定できて、「ゴール」があるから「目標」が立てられる。

そうすると、何はともあれ「目的」をハッキリさせる必要があるということになります。

 

では、実際に願いを叶えたい、成功したい人はどのように「目的」「ゴール」「目標」を設定すればいいのか?

何のため(目的)に、その行動をするのかイメージを固めていく

何のため(目的)に、その行動をするのかイメージを固めていく

多くの人が「目的」の設定がものすごく曖昧だし、中途半端です。

また「目的」と「ゴール」をごっちゃにしている人も沢山います。

 

私も以前は、この「目的」が大雑把で、目標とごっちゃになっていました。

そのために、全然行動ができなかったし、すぐに諦めてしまうということがあったわけです。

 

そのため、最初に「目的」とは何か?をしっかりと考える必要があります。

 

例えば、成功して月100万円稼ぎたいと考える人が沢山いますが、これって「目的」ではありません。

どうしてかと言うと、どうして月100万円稼ぎたいのか?というものが必ずあるからです。

確かに、貯金残高がたくさんあるのを見るのを好きという変わった人もいるかもしれませんが、多くの場合は月100万稼いで何かをしたいはずです。

 

じゃあ、高級マンションに住みたいと思ったとします。

でも、高級マンションに住みたいのにも理由があるはずですよね。

だって、生活をするだけなら、マンションの30階とか40階に住むのは、何かと不便です。

だから、ただ住みたいからというだけでない、理由が必ずあります。

 

そうやって考えていくと、必ず心の中にある満たされない物が出てきます。

それは、見栄だったり、寂しさだったり、認められたいだったり、見返してやりたいだったり・・・

実は願いを叶えたい、成功したいと考えている人の「目的」とは、この心の中の満たされないものなのです。

 

多くの人は、この心の中の満たされないものを無視して、ゴール設定を行うので途中で苦しくなったり、やる気がなくなったりします。

そして、こんなことをやりたくなかったとか、こんな願い叶えたくなかったということになってしまいます。

そうならないために、自分の気持としっかり向き合わなくてはいけないので、「目的」を設定するのはものすごく時間がかかります。

 

さらに、人生が変わっていくようになると、「目的」もどんどん変わっていくようになります。

現実が変わっていくると、最初に設定した「目的」が自分にとって必要がなくなったなんてことがよく起こるからです。

だから、結構頻繁にというか、常に自分はこの「目的」のために人生を送っていくことができるのか?ということを考え続ける必要があります。

 

成功していく人のなかに、ころころとやることが変わっていく人がかなりいますよね。

それは、常に「目的」について考えていて、人生の変化によってどんどん変わっていくからです。

どういう状態(ゴール)になったら「目的」を達成したと言えるのか

どういう状態(ゴール)になったら「目的」を達成したと言えるのか

「目的」が決まると次に現実的に何を手に入れたら、「目的」を達成できるのかを考えます。

それが「ゴール」です。

 

じつは、「目的」を達成する「ゴール」というのは、ものすごく沢山あります。

どうしたかというと、心の中を満たす方法は1つではないからです。

例えば、見栄を満たしたいなら、タワマンに住む、超高級車にのる、美男美女と付き合う、高級ブランドの服を着る、など色々な方法があるためです。

まあ、今あげたことだと、お金を稼ぐということになってしまいますが、人によってはお金を稼ぐ以外の方法で満たされたりするわけです。

だから、間違った「ゴール」を設定するためにも、「目的」が大切なわけです。

 

じゃあ、「ゴール」はどうやって決めるのか?ということです。

正直、世の中には情報があふれていて、何でもできるわけです。

なので、現代に生きている私たちは非常に恵まれているとともに、非常に厄介な時代でもあります。

要するに、いろいろとありすぎるために目移りしてしまって、1つのことに集中できないということです。

 

じゃあ、どうしたら良いかと言うことです。

一番簡単なのは、自分の「目的」に合った情報を発信している人がゴールに設定していることを真似てみるというのがあります。

ただ、相手と自分の意識の差というか、レベルの差が大きすぎると挫折するので、自分よりも少し先を進んでいる人を選ぶのがコツです。

また、「目的」が変わった時に、ちゃんと参考にする人を選び直すことを忘れないようにしなくてはいけません。

基本的には、私はこの方法がおすすめです。

 

2つ目は、自分で「ゴール」を決める方法ですが、これが意外と難しいです。

どうしてかと言うと、それなりの知識や経験があることが前提になるからです。

ある分野で成功したいという人や仕事なんかは「目的」が大きく変わることがないので、徐々に自分でゴール設定をしていくことになるでしょう。

 

どちらにしても言えることですが、自分が今持っている知識や経験の範囲をいかに抜け出して考えることができるのか?というのが大切です。

どうしてかと言うと、あなたは今の知識と経験では「目的」を達成できていないからです。

だから、とにかく先入観を持たずに色々なことを調べてみることが大切です。

調べても、嫌なことはやらなければいいだけなので。

でも、調べたことは必ず何かしら役に立つことがあるので、とにかく広く興味を持って調べましょう。

その状態(ゴール)に到達するために、どのような目標を用意していくのか

その状態(ゴール)に到達するために、どのような目標を用意していくのか

目標設定については、インターネットや本などで多くの人が様々な方法を紹介しています。

 

有名なものとしては、SMARTの法則というものがありますよね。

  • Specific・・・明白に示されている
  • Measurable・・・計測することができる
  • Assignable・・・割り当てられている
  • Realistic・・・実現することができる
  • Time-related・・・期限が設定できる

会社で働いている人や、ビジネスをしている人には結構重要ですし、願いを叶えたい人も目標設定に使ったほうが良いのは確かです。

 

でも、これをしっかり決めるのは結構大変ですよね。

大切さは強調されていますが、実際にSMARTの法則で目標設定ができている人はなかなかお目にかかれません。

そういう私も、正直言ってSMARTの法則は苦手です。

 

でも、多くの人がSMARTの法則の前に一番問題なのは、中・短期目標をどうやって決めるかということです。

「目的」と「ゴール」がハッキリしていれば、長期的な目標はハッキリとしてきますが、中・短期目標を決められない人が本当に多いです。

とくに、短期目標で「SMART」の「S(明白に示されている)」と「R(実現することができる)」の部分がいい加減になってしまいます。

 

例えば、ブログを書くということで、1週間の目標となった時に、「できるだけ沢山記事を書く」って目標立てる人が多いですよね。

でも、これってものすごく曖昧なわけですよ。

目標で何記事書くと言わないから1記事でも書いたら目標を達成したなんて、考えている人もいるわけです。

 

あと、私もやってしまうのですが、実現性のない目標を立てる人は本当に多いです。

ブログを毎日1記事書くっていう目標、実現することが本当にできるのかも考えずに決めたりするわけです。

自分の中で2時間で1記事書き上げるイメージを持っているのですが、書きなれている人が準備をした上でなら可能であって、初心者は難しいです。

中身がスカスカで1000文字程度なら書けるかもしれませんが(笑)

 

目標設定の時に、SMARTの法則に沿ってきっちりとした目標を立てろとはいいません。

きっちり書くために、悩んで時間をつぶすくらいなら行動したほうがよっぽど良いからです。

でも、「Specific(明白に示されている)」と「Realistic(実現することができる)」は真剣に考えおかないといけません。

そうしないと、目標をクリアしたという経験ができないので、行動するのが嫌になってしまいます。

 

いずれにしても、願いを叶えたいという目標設定に関してはインターネットにあるように、きっちり決めなければダメだということはありません。

ただし、目標は明確にしておくことと、実現性のない目標は立てないということは必ず守るようにしましょう。

目的とゴールが、かすんでいるから目標を立てても実行できない

「目的」「ゴール」「目標」について書いてきました。

多くの人が願いを叶えたり、成功したりしたりできないのは、全てが曖昧だからです。

そもそも、「目的」「ゴール」「目標」の区別がしっかりとできていない人も沢山いますし。

 

「目的」「ゴール」「目標」をごっちゃに考えている上に、「目的」「ゴール」は霞んでいるような決め方しかしていない。

そんな中では、目標も曖昧だし、非現実的なものになりがちです。

それでは、いくら目標を立てたと言っても、実行できません。

 

まずは、自分は「なぜその願いを叶えたいのか?」を考えてみてください。

そうしたら、自分の気持ちを満たすための近道が見つかるかもしれません。

「ゴール」設定はそれからで大丈夫ですし、「目標」設定は一番最後に決めれば大丈夫です。

 

とにかく、「目的」と「ゴール」を明確することに時間を使いましょう。

そして、「目的」は常に考え続けるようにしましょう。

 

それが、願いを変えたり、成功するための近道の発見になります。




【ブログランキングに参加してます!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

このブログを読んで「ためになった!」と思ったら、ポチッとしてくれると励みになります^^

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。