自分でめんどくさくなる環境を作っているから行動できない

自分でめんどくさくなる環境を作っているから行動できない

めんどくさくて行動できないという人は、自ら行動がめんどくさい環境を作っています。

わざわざ難しいことから始めたり、いっぺんに何もかもやろうとしたり。

でも、行動できるためには、いかにめんどくさくならない環境を創り出すかが大切です。

 

それでも、めんどくさいなら行動しないというのも1つです。

そして、自分がやりたいことをとことんまでやる。

本当に好きなことをとことんやってみると、「めんどくさくて行動できない」という気持ちから抜け出すことができます。

めんどくさくて行動できないときは、知識がなく難しく考えているサイン

そもそも、どうしてめんどくさいのか?ということですが、いちばんの理由は実際よりも難しいと思っているからです。

この現実世界では、どんなことでも自分ができる範囲のことで構成されています。

願いを叶えるだって、成功するのだって、実際にやることはすごくシンプルです。

もちろん、簡単に願いが叶うとか、簡単に成功するとはいいませんが、一つ一つの行動は多くの人が思っているほど難しくはありません。

 

じゃあ、どうしてめんどくさくなってしまうのかというと、単純に知識がないからです。

知らないことは、難しく感じるし、めんどくさく感じてしまいます。

さらに、めんどくさいだけならいいのですが、知識がないということは行動する時にも大きな壁になってしまいます。

 

その大きな壁とは、行動を細かく分けることができないということ。

 

人は、どんな行動をするにも細かい行動が積み重なって大きな行動をしています。

例えば、ほとんどの人が無意識でできる自転車を乗るということ。

これも、ペダルを漕ぐとか、ブレーキをかけるとか、色々な行動を同時に行っています。

だから、自転車に初めて乗る時には、沢山のステップをこなして、最終的に自転車に乗ることができます。

 

自転車は、乗れる人が教えてくれるし子供だったりと、あまり深く考えることなくできてしまいますが、もし誰も教えてくれなかったら、ほとんどの人は乗れないでしょう。

なぜなら、知識がないと自転車に乗るために必要なことが何なのかわからないからです。

 

ただし、気をつけなくてはいけないことがあります。

それは、単純に情報を集めればいいというわけではないということです。

 

知識を使って正しい順番で行うからスムーズに行動できるのであって、ただ沢山の知識を持っていても役に立ちません。

知識があるけど、めんどくさくて行動できない人は、知識をただ沢山持っているだけだからです。

そういう人は、その知識をどのように使うのかを学ぶ必要があります。

そのために、誰かに教えてもらったり、お金を出して教材を買ったりする必要があるわけです。

いきなり、山頂を目指すと、めんどくさくなって行動できなくなる

いきなり、山頂を目指すと、めんどくさくなって行動できなくなる

知識がないことにも通じるのですが、「めんどくさい」と考えてしまう人は、いきなり山頂を目指します。

ただただ、山のてっぺんに登ることしか考えていません。

  • 結婚なら、結婚したときのこと
  • 恋愛なら、デートしているときのこと
  • インターネットビジネスなら100万円かせいだときのこと
  • 資格試験なら合格したときのこと

 

でも、そこにたどり着くには、やらなくてはいけないことがたくさんあるわけです。

恋愛なら、まずは恋人になりそうな人と出会わないといけません。

インターネットビジネスなら、ブログなどで人を集めなければいけません。

最初のステップだけでも色々とやらなくてはいけないわけです。

 

山のてっぺんのことしか見ていない人は、そういうことを知ってから知らずか見ようとしません。

ひたすら、自分の願いが叶っていることしか考えないし、自分は必ず願いが叶うと変な自信を持っています。

でも、現実は甘くないわけです。

 

じゃあ山頂にたどり着くためには何をしなくてはいけないのか、と考えた時、自分が描いていたこととは違うことをしなくてはいけないときもあります。

もちろんですが、最初から順調に行く人はほとんどいません。

恋人がいない人が、恋人を作るって宣言したら、目の前に異性が現れるわけではありませんからね(笑)

そうやって、自分の理想と自信が打ち砕かれていくうちに、行動するのがだんだん嫌になってきます。

そして大したことをしてもいないのに、「めんどくさいからやめた」となるわけです。

 

もちろん、山頂を見ていることは大切です。

でも、足を一歩一歩前に進めなければ、そこに到達できないということを、しっかり理解する必要があります。

自分の願いを叶えるためには、どのようなステップを踏んでいかなくてはいけないのか?

しっかりと現実を見なくてはいけません。

 

お祈りしただけでは、山頂にたどり着けないのように、行動しなければ願いは叶わないわけですよね。

だったら、一旦は山頂を見るのをやめて、どうやって歩いていくかを確認しなくてはいけません。

 

正直めんどくさいです。

自分がどのような順序で行動していけば、いちばん早く願いが叶うのかを考えたり、調べたりすることは。

でも、道順を調べて考えた人しか、願いを叶えることはできないわけです。

それに、一度考えてしまえばある程度までは、楽に進めることができます。

ずっと彼方のゴールを見ながら行動するよりは、よっぽど楽ですよ。

行動できない人は、自分は何でもできると思っている

行動できない人は、自分の願いが叶ったことばかり考えていると同時に、自分は何でもできると思っています。

自分なら、何でもできるし、すぐに達成できると。

でも、そういう人に限って行動できなくなります。

どうしてかというと、自分はすぐにできるから今無理してやらなくても大丈夫、という訳のわからない論理が頭の中を駆け巡るからです。

 

「そんなこと余裕だから、今やらなくていいよ」

 

何が余裕なのかは分かりませんが、こういう人はずっと行動できません。

どうして分かるかと言うと、私自身がそうだったし、そういう人を沢山見てきたからです。

結局は強がっているだけで、何も分かっていないし、何もできない人たちなのですが。

 

本当に余裕でできるなら、さっさと行動して願いを叶えてしまったほうが人生としては得なのです。

それに本当に行動できる人は、もったいぶらずに真っ先に行動していますしね。

 

「行動できない人は、自分は何でもできると思っている」と見出しを書きました

でも正確には、「自分は何でもできると思っている人は、行動できる能力がない」と言ってもいいかもしれません。

最初から完璧を目指すから、めんどくさくて行動できない

最初から完璧を目指すから、めんどくさくて行動できない

私がどうしても抜け出せなくて、行動できなかった原因がこれです。

私には、他人に見せるものは完璧であるべきという考えが常にあります。

そして、めんどくさくて行動ができない人の中には、完璧に物事を進めようとしている人も沢山います。

 

どうして、完璧じゃないといけないと思ってしまうのかは、育ってきた環境によるでしょう。

特に、学校は受験ひとつとっても、完璧であることを求められています。

完璧じゃない答えは、間違いですからね。

さらに日本は社会からも完璧を求められたりします。

だから、完璧を目指すなと言われてもなかなかできないわけです。

 

でも、実は世の中に完璧なものなんてありません。

完璧に見えるものもありますが、それはレベルの低い人がレベルの高い人を見た時にそう思うだけです。

そのため同じレベルの人には、完璧ではないわけです。

そのため、今の自分が完璧だと思うものを目指して行動していても、そのレベルに達すると完璧ではないことに気がつきます。

そして、どれだけレベルが上っても完璧にはならないということに気が付きます。

 

ブログを書いていて思うのですが、コピーライティングなどを勉強しながら記事を書いていれば、どんどん上達しているのは分かります。

正直、昔の記事は恥しくて読めませんし。

でも、完璧じゃないという気持ちがいつもあります。

というか、最近は完璧って何だ?と思うようになってきました。

 

そして、完璧って幻想みたいなものだという結論に達したわけです。

 

その幻想を追いかけて、行動できなくなるのはバカらしくなってきたので、最近は完璧を目指さなくなりました。

仕事でもなんでも、完璧を目指して行動がどんどん先延ばしされるよりも、行動量を優先したほうが良い結果になることが多いことも分かりましたし。

 

どんどん行動して、どんどん修正していく。

これが、願いを叶えたり、成功するためにはいちばんの近道なんです。

だから、このブログも最初は、自分の中で6割くらいの出来で公開しています。

よく読むと文章の繋がりがおかしいところがありますが、後で直せばいいと思っているので。

それよりも、現在優先していることは、とにかく沢山の記事を短期間でアップすること。

 

ブログはとりあえず自分の考えが書いてあれば良しくらいでOKだと考えれば、実はめんどくさくて書くことができないということがなくなります。

あと、変なプライドを捨てれば(笑)

 

とにかく、完璧を目指してしまって行動できない人は、世の中に完璧はないことを知る。

そして、時代の流れが速い今は、どんどん行動して、どんどん修正するのが最も成功への近道だと常に心にとどめながら行動しましょう。

行動できないなら、行動しないと決める、のも1つ

どうしても、めんどくさくて行動できないことは誰にでもあります。

どうしても、この行動だけはできないというものはあって当たり前なので。

普段から他の行動はできているけれど、ある行動だけできない人は「その行動は今はしない」と決めてしまうのも一つの手です。

 

願いを叶えたり、成功する方法は1つではありません。

それに、叶えたい願いだってたくさんあることでしょう。

そんな中で、1つの行動ができないからと悩んで時間を使うくらいなら、他のことに時間を使ったほうが有意義です。

また、時が経てば、できなかった行動ができるようになることもあります。

とにかく、悩んだり迷ったりする時間を最小限にして、どんどん行動してどんどん修正していきましょう。

 

でも、めんどくさくて動けないというのは、怠け心からという人も沢山います。

サボりたいとか、楽をしたいという気持ちですね。

そういう人たちがどうしたら良いかと考えたことがありますが、結果的に私の出した答えはこうです。

 

めんどくさいなら、やらなければいいじゃん!

 

めんどくさくて行動できない自分が嫌かもしれませんが、行動できる自分になるために色々な情報を探し回る時間は無駄です。

どうしてかというと、結局は自分自身の問題なので。

誰かが、ものすごく良い回答を持っているかもしれない、という考えは捨てた方が良いです。

結局人は、自分がやりたいと思ったこと、やらないと自分自身にピンチになることしか行動できません。

 

自分が本当にやりたいことは、誰かが見つけてくれることではなく、自分自身で探さなくてはいけません。

楽しい人生を送っている人は、みんな自分で何をやるかを決めています。

 

めんどくさくて行動できない、ということは自分で楽しいことすら見つけることができていないということです。

それなら、いっそ何もしないという時間を自分で作ってみれば良いのです。

そして、そんな中でも自分がやってみたいと思ったことをとことんやってみればいい。

もちろん、社会からドロップアウトして引きこもりになってしまうのは問題です。

 

でも1つ言えることは、何でもめんどくさいと言っている人は、自分の好きなことすら満足するまでやったことがない人が多いものです。

一回でも、やりきった経験がある人は、めんどくさくて行動できないという気持ちには、あまりなりません。

学校の文化祭などで、全力で楽しんで取り組めるような人は、他のことも楽しんで取り組んでいますからね。

 

とにかく、めんどくさくて行動できない人は、一度行動するのをやめてみる。

そして、自分が楽しいと思うことに全力で取り組んでみる。

そうすると、また違った景色が見えるようになってきます。

めんどくさくても、行動できる環境をどうやって作るか

いろいろと書いてきましたが、めんどくさくて行動できない人は、行動できない環境を自ら作っています。

今回話しをしたことも、そもそもは自ら行動できない環境に身を置いていますよ、ということを言っています。

 

環境が変われば、人の行動は全く変わってしまいます。

周りに勉強をしている人しかいなければ、自然と勉強するようになるし、周りが勉強しない人ばかりなら、勉強はしなくなります。

だから、進学校は進学校なんです。

 

ただ、自分で行動できる環境を創り出すのは、それなりに時間がかかります。

また、一度も何かに全力で取り組んだことがない人には、なかなか難しいのも事実です。

 

だから、何でもいいので、自分が好きなことに本気で取り組んでみてください。

そして、その経験をすることで「めんどくさくて行動できない」という気持ちから抜け出すことができるので。




【ブログランキングに参加してます!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

このブログを読んで「ためになった!」と思ったら、ポチッとしてくれると励みになります^^

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。