ネガティブ思考の人がネガティブ思考のままで願いを叶えるための考え方

ネガティブ思考の人がネガティブ思考のままで願いを叶えるための考え方

世の中の風潮として、ネガティブ思考はダメで、ポジティブ思考のほうががいいという考え方が強くあります。

まあ、多少はポジティブ思考のほうが、人生を楽しく生きることができるかもしれません。

 

でも、ネガティブ思考では願いが叶えられないし、成功できない、ということは絶対にありません。

見る角度によっては、ネガティブ思考のほうが、願いを叶えやすいし、成功しやすいと言えます。

 

ただ、世の中にある情報がポジティブ思考前提で話をしているものばかりなので、ネガティブ思考が強い人はちょっとした考え方の転換が必要です。

そして、考え方の転換さえできれば、ネガティブ思考のままでも、正しい行動ができるようなります。

どうして、そんなにネガティブ思考を嫌うのか

なぜ、こんなに世の中の人はネガティブ思考を嫌ってポジティブ思考に憧れるのか不思議に思うことがあります。

  • すぐに悪いことを考えてしまう
  • 前向きに生きられない
  • 他人と比べて、嫌になってしまう
  • 自分に自信が持てない

などなど、ブログでは悪い面ばかりを書いて、ネガティブ思考を抜け出そうと書いています。

 

私は、こういうブログを書いているのでポジティブ思考の人間だと思う人もいるかも知れませんが、決してそうではありません。

根っからのネガティブ思考の人で、嫁さんから「一緒にいると気が滅入る」としょっちゅう怒られていました。

今は、ネガティブな言葉を口にしなくなったので、嫁さんからは怒られる回数はなくなりましたが、行動面にネガティブさが残っているようで注意は受けます。

 

でも、ネガティブ思考で動けなくなっている自分をどうにかしたいと思ったわけです。

だから、他の人があまり勉強しない行動というものについて勉強し、行動できるように自分の感情を観察し、どういう人生を生きていくかを真剣に考えたわけです。

わたしがポジティブ思考であったら、今も前の会社で普通に働いていて、つまらない人生だけどなんとかなるでしょって感じだったでしょう。

 

だから、ネガティブ思考が悪いなんてことは絶対にありません。

そうではなくて、ネガティブ思考の自分を否定していることが問題なのです。

だから、ネガティブ思考でも自己否定を少なくしていけば全然楽しい人生を送ることができます。

 

それに、ネガティブ思考の人にポジティブ思考になれって言っても難しいんですよね。

私も結局はポジティブ思考には慣れなかったので。

ネガティブ思考は大切な力

なぜか、ネガティブ思考の人が自ら、ネガティブ思考を嫌いますが、ネガティブ思考って生きていくためにとても大切な力です。

まあ、考えてみれば当たり前です。

心配するから、悪いことを考えるから、自信がないから、生き延びれることのほうが世の中は多いからです。

 

心配したり、悪いことを考えるから、前もって準備をしたり、対策をしたりできます。

また、自信がないから、無駄な争いをしないし無茶なことをしないわけです。

 

もちろん、これをマイナスものすごいマイナスのことだと考える人もいます。

でも、これって、どのような視点で物事を見ているかっていう違いだけですよね。

私自身は、少なくともプラスと見ていることが現在は多くなっています。

まあ、周りの人には理解はされませんが(笑)

でも、少なくともネガティブ思考をプラスだと考えるようになってからは、行動が明らかに変わったことは確かです。

 

自分がネガティブ思考をプラスと見るか、マイナスと見るかは、その人の自由です。

そして、ネガティブ思考をプラスと見た人は、ネガティブ思考の大切な力を存分に使うことができるようになります。

ずっとネガティブ思考で生きている人はいない

それから、もっと大切なことは、どんな人でもずっとネガティブ思考のままで人生を送っている人はいないということです。

そして、ずっとポジティブ思考の人もいません。

人生は必ず浮き沈みがあるので、誰だってネガティブ思考のときがあるし、ポジティブ思考のときもあります。

人によって、どちらが強く出るかはありますけど。

 

それにも関わらず、ネガティブ思考の人は自分がずっとネガティブなままだと思いこんでいます。

そして、そう思っているのは自分自身だけということに気づくことができません。

周りの人から見ると、なんであんなに自信がないんだろうと不思議です。

 

だから、自分はずっとネガティブ思考だろ思い込んでいる人は、一度自分を俯瞰してみてみるといいでしょう。

ただ、頭で考えてもわからないので、起こったことと感情をスマホのメモ帳などに逐一入力していくなどしてください。

一旦、頭の中から感情などを出して見ると、何でこんなことで落ち込んでいるんだろうとか、何でこんなことでものすごく心配しているんだろうって思うことが沢山あります。

 

そうすると、ネガティブ思考の半分くらいは自分自身で作り出していることに気づくことができます。

この気づくということは、ものすごく大切です。

気がつくだけで、心が軽くなるってことが沢山ありますよ。

本当にポジティブ思考になりたい?

本当にポジティブ思考になりたい?

私は、いつも不思議に感じることがあります。

そんなにポジティブ思考になることが素晴らしいことなんだろうか?と

これだけポジティブ思考は素晴らしいといろいろな人が言っているけど、本当にポジティブ思考だなって言う人はごく僅かです。

まあ、ほとんどが無理やりポジティブ思考の人で気持ち悪かったですが(笑)

 

正直、私はポジティブ思考になることが、自分の人生を良くするとは思えませんでした。

とにかく、困っていたことは行動ができないことと、すぐに飽きてしまうことであり、それを解決するのがポジティブ思考になることではないと思ったのです。

 

実は、これってよく考えてほしいことではあるんです。

 

多くの人が、ポジティブ思考になれば全てが解決すると思っていますが、ポジティブ思考にならなくても解決する方法はいくらでもあります。

というか、ネガティブ思考の人が、ポジティブ思考になる方が難しいし、きっと周りから見たら気持ち悪い人になります。

なぜなら、ネガティブ思考の人が考えるポジティブ思考って、もともとポジティブ思考の人とは違うので。

だって、自然なポジティブ思考って、ネガティブ思考の人には見当がつかないじゃないですか。

 

もし、ネガティブ思考のまま願いが叶うなら、それでいいわけですよね。

別にネガティブ思考だって成功できればいいわけだし、いい恋人ができればいいわけだし、結婚ができればいい。

そして、それは可能です。

 

多くの人は、ポジティブ思考と自分の願いを叶えることをごっちゃにしています。

でも、ポジティブ思考と願いを叶えるは、イコールではありません。

それと同様に、ネガティブ思考と願いが叶わないは、イコールではないのです。

 

そうやって、今ごっちゃになっていることを分けて、自分の中で関係性をしっかりと整理することが大切なんです。

特に、ネガティブ思考の人は、関係性の整理ができないから、成功できなかったり、願いが叶わなかったりするわけです。

 

それと、ネガティブ思考の人だけが損をするように思っている人が沢山いますが、それは間違いです。

ポジティブ思考の人だって、願いを叶えることができない人や、成功できない人も沢山います。

しっかりと、自分で色々と調べたり勉強したりして、他人が言っていることと、現実に起こっていることをしっかりと分けるようにしましょう。

ポジティブ思考に見える行動をしているだけ

基本的に、日本人は遺伝子的にネガティブの割合が圧倒的に多いなどという話があるくらい、根がネガティブなんです。

自分の周りを見渡せば、本当にポジティブ思考だなと思える人はいないことに気が付きます。

多くの人が、ポジティブ思考だから成功するとか願いが叶うと言っていますが、それはポジティブ思考だからと言うわけではありません。

 

ネガティブ思考だけれども、どうしても叶えたい願いがある、どうしても成功したいという強い気持ちが、ポジティブ思考のような行動をさせているという考え方が妥当です。

 

私自身も経験していることですが、「失敗したらどうしよう」「笑われたらどうしよう」と不安になりながらも、大きな目標を達成したいから行動しています。

そのとき、不安はどうするのかというと、自分の中でこうやって処理をするって決めたことがあったり、不安のまま行動できるようにしてあったりと工夫しています。

それを、周りの人から見たら、ポジティブ思考の人だから行動できているんだと見えるでしょう。

 

誰だって、経験したことがないことをやる時は、恐怖におそわれます。

だから、その恐怖が現実にならないように、準備をしたり仕組みを作ったり、色々と行動したりするわけです。

また、行動できる人は恐怖におそわれたときに、どのように対処するのかを知っていたりします。

そうやって、自分の身の回りの環境と心を整えているから、周りの人からみたらポジティブ思考に見えたりします。

 

そもそも、本当のポジティブ思考なら、何のブレーキもなしに行動できるでしょうけど、成功なんてしません。

どうしてかと言えば、何事もポジティブに考えるから。

 

ネガティブ思考で悩んでいる人に知ってほしいのは、ポジティブ思考だから願いだどんどん叶うということではないということです。

しっかりと自分と向き合っているから、行動することができて、願いが叶うし、成功できるのです。

ネガティブ思考の人が願いを叶えるために

なぜネガティブ思考の人が、願いが叶わなかったり、成功しない理由は3つあります。

1つ目は、恐怖や不安に負けて、行動しないこと。

 

先ほどから、言っているように「失敗したらどうしよう」「笑われたらどうしよう」「バカにされたらどうしよう」という恐怖はどんな人にもあります。

でも、そんな中で行動できる人と行動できない人が出てきます。

その違いは、多少は個人の資質によるところもありますが、ほとんどの人は恐怖や不安と上手に付き合っていく、知識とテクニックを持っていないからです。

そのため、いつまでたっても行動できなくて、どんどん自分に対しての自信がなくなってしまいます。

要するにネガティブ思考の人は悪循環に陥りやすいんですよね。

 

だから、どうやって恐怖に対応して、徐々に自信をつけていくのか?ということが大切になります。

ちなみに、自信の付け方や恐怖への対処方法はこちらの記事に書いてあります。

自分に自信が持てない時にやってみるといい簡単で意外と効果があること

自分に自信が持てない時にやってみるといい簡単で意外と効果があること

2021年5月8日

 

そして2つ目の理由は、行動できるような環境を整えようとしないことです。

これは、ネガティブ思考でもポジティブ思考でも関係なく当てはまります。

 

なぜか多くの人が、やる気があれば行動できると思っていますが、それは間違いです。

行動するためには、やる気とかモチベーションがなくても行動できるような環境や仕組みを作る必要があります。

そうしないと、どうしても自分の中の不安や言い訳に負けてしまって、行動ができなくなってしまいます。

ちなみに、やる気やモチベーションに頼らない方法はこの記事に書いてあるので、読んでみてください。

行動するとき、やる気やモチベーションを言う前に準備しておく3つのこと

2021年5月3日

 

そして、願いが叶わない、成功しない理由の3つは、失敗する行動をしていることです。

どんなことでも、成功する方法と失敗する方法がありますよね。

ただ、ネガティブ思考の人って、わざわざ失敗する方法を選んでしまいます。

まあ、自信がなかったりするため、行動を自ら制限しているのもあるのですが。

 

例えば、恋人がほしいと思った時に、ノートに「恋人が欲しい」とひたすら書くのは成功する方法でしょうか?

 

もし、異性との出会いがない人が、そんな事やっていても恋人ができないことは、誰にでも分かりますよね。

でも、そんなことをしている人がいるわけです。

そうじゃなくて、自分がタイプの異性がいる場所に、行ってみることをしないと何も始まらないわけです。

 

だから、まずは自分のしている行動が、本当に正しいのか知って、間違っているなら行動を変える必要があります。

そのためには、勉強したり、経験を積んだりすることが必要で、そこから逃げていてはダメなんです。

願いを叶えるのにポジティブだろうがネガティブだろうが関係ない

願いを叶えるのにポジティブだろうがネガティブだろうが関係ない

ここまで色々と書いてきたのは、誰だってネガティブ思考を持っているし、決して悪いことではないということを言いたかったのが1つ。

そして、ネガティブ思考だから願いが叶わなかったり、成功しないということはないということです。

 

ネガティブ思考だと、自信がないから失敗する方向に自分を持っていきがちです。

でも最終的には、その行動が願いを叶えたり、成功するために必要なものだったかどうかが大切になってきます。

だから、ポジティブ思考であっても、失敗するような行動をすれば失敗します。

 

まずは、ネガティブ思考であることを悲観する前に、まずは自分が叶えたい願いを手に入れることができる行動をしっかりしているのか考えてみてください。

そうすると、ネガティブ思考だからではなくて、自分のやっていたことが間違っていたことに気づく人も沢山いるでしょう。

気がつけば、行動を修正していくのは簡単だし、結果が付いてくれば、自信だって持てるようになります。

 

そうすれば、ネガティブ思考だから・・・、とかそういうのがなくなってきます。

そして、ネガティブ思考の利点を上手に使えるようになるでしょう。




【ブログランキングに参加してます!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

このブログを読んで「ためになった!」と思ったら、ポチッとしてくれると励みになります^^

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。