人生がしんどいと感じたときは、自分の常識や価値観を変えてみる

人生がしんどいと感じたときは、自分の常識や価値観を変えてみる

人生がしんどいと感じることというのは、誰にでもあります。

でも、どの程度まで耐えることができるのかは人それぞれです。

これまで、いろいろなことから逃げてきた人は、些細な問題で人生がしんどいと感じてしまうし、人生に真剣に向き合ってきた人は思っている以上に耐えることができます。

さらに性格によっても変わってきます。

 

しかし、どんな人でも人生がしんどい時の対処方法というのは、変わりません。

それは、自分の常識や価値観を変えること。

それにはいろいろな方法がありますが、その中でも簡単にできるものについて話していきます。

人生がしんどい時は必ずくる

生きていれば、絶対に人生がしんどい、苦痛だという時期やあります。

それが、いつ訪れるかは、価値観や環境、その人の性格などによって全然違います。

10代で人生がしんどくて苦痛に感じる人もいるし、60代になって人生がしんどいと感じる人もいます。

いつ人生がしんどくなるかなんて、誰にも分かりません。

 

ただ、人は適応能力が高いために、人生がしんどい時は基本的には自分でなんとかしてクリアしていきます。

でも、自分で何とかすることができない人も沢山いるわけです。

 

さらに、人生がしんどい、苦痛だというのは精神的なものが関わっているため周りの人には分かりません。

もちろん、元気はなくなりますが周りの人からすれば、ちょっと元気がないという程度にしか受け取れません。

そのため、どうしても自分で考え込んでしまったり、どうすることもできなくなってしまう人が多いのです。

 

そんなときに、ずっと人生がしんどいからとふさぎ込んでいるのは、人生楽しくないし大切な時間を何もしないで過ごしてしまうことになってしまいます。

そうならないためにも、人生がしんどいときに自分はどういう行動をとるのか決めておきます。

そして、人生がしんどい時にその行動が取れるように、日頃から人間関係を作ったり周りの人からの信頼を集めておいたりする必要もあります。

結局は、人生がしんどい状況から抜け出すためには、周りの人の強力が必要となるので、いかに人間関係を作っておくのかがものすごく大事になるのです。

人生がしんどい時は誰でもいいから話を聞いてもらう

人生がしんどい時は誰でもいいから話を聞いてもらう

人生がしんどい時は、どうしても自分だけで抱え込んでしまいます。

1人で考えて、1人で悩んで、1人でしんどい思いをして、1人で苦しむ。

どうしても、このようなパターンに陥りがちです。

 

でも、1人で解決できることなんて限られます。

そもそも、自分で解決できない事を、悩んだから解決できるなんてことはありません。

だって、自分の知っている範囲でしか解決策が浮かばないし、自分の知らないことはどんなに頑張っても浮かんできません。

だから、他人の知恵を借りるというのはものすごく大切です。

 

他人は間違いなく、あなたとは違う経験を積んできています。

例え、同じ学校に通って同じ会社に入ったとしたとしても、見ているもの、感じているもの、考えているものは違うのです。

だから、同じ状況であっても全く違う視点をもって考えています。

 

正直、自分が大変だと思っている世の中の困りごとの大半は、他の人は簡単に解決していたりします。

嘘だと思う人もいるかもしれませんが、誰だって経験したことがあるはずです。

他の人が、なんでこんな簡単なことで悩んでいるんだろうと何回も思ったことが。

 

世の中の大半のことは、知識や経験、コツさえ知っていれば解決できます。

ただ、1人では知識や経験が限られるため、他の人に話を聞いてもらうことが大事になります。

なので、よっぽど深刻で、他人に知られたくなことでない限りは他の人に話してみるのは、ものすごくおすすめです。

人生がしんどい時はカウンセリングを活用する

心の問題によって、人生が思うように回っていかないということがあります。

大半のことは、行動していくうちに解決していくものですが、トラウマのように過去に起因しているものの中には、自分ではどうすることもできないものがあります。

やはり、そういうものはプロのカウンセラーなどに頼む必要が出てきます。

 

実際に、いろいろと精神的にゴタゴタしているときに、知り合いにカウンセリングのお願いをしたことがあります。

それまでの私は、カウンセリングというものに対して、それほど期待はしていませんでした。

ただ、相手の方がものすごく信頼できる人であったのと、苦しかったので思い切ってカウンセリングを受けたのです。

その結果、自分でも信じられないくらい精神的に落ち着きを取り戻し、常に見ていた悪夢も見なくなりました。

 

もちろん、すべての人がカウンセリングによって、しんどさや苦しみから抜け出せるわけではありません。

さらに、カウンセリングというものは、カウンセラーの知識、経験、実力によって結果が大きく変わってきます。

また、カウンセラーの中には、自分に依存させようとする人も一部います。

 

なので、カウンセリングを受ける時は、カウンセリングに依存しないように気をつける必要があります。

そして、1人のカウンセラーに依存しないということも大切になってきます。

人生がしんどい時は、今やりたいことだけをやる

人生がしんどい時は、今やりたいことだけをやる

人生がしんどい時は、何をやっても上手く行かないものです。

というか、そんなときもあります。

まあ、だからといってそれを逃げ道にしてはいけないのですが。

 

本当にこれはダメだと感じるのは、50年近く生きてきた私でも1回だけだったので、一生で1回位でしょう。

まあ、私は30歳のときに脳梗塞で倒れたことがあるけれど、そのときでも人生がしんどいと思ったことはなかったくらいです。

正直、色々な病気をしている自分にとって、病気は良い部分も悪い部分もあることが分かっているからかもしれませんが。

 

とにかく、何かあるたびに逃げていては逃げ癖がつくだけなので、すぐに逃げるのはおすすめしません。

しかし、本当にどうしよもない時はやっぱりあるわけです。

そんな時は、自分の気持も弱っているし、自身もなくしているし、行動もできなくなっています。

本当に、自分でもどうしちゃったのか?と思うくらいに。

 

そんな時は、人生が停滞してしまって良いことが起こらないものです。

だから、人生が停滞しないように何でもいいから行動したほうが良いのです。

だからといって、自分を高めることや勉強をすると余計に気持ちが萎えます。

 

そんな時は、もう自分がやりたいことをひたすらやります。

日頃やりたいけどできていないことを。

 

ただし、心からやりたいと思っていることですよ。

間違っても暇つぶしにYoutubeなどを見続けるなどはしてはいけません。

そうすると、今度は人生がつまらなくなっていってしまうので。

人生がしんどい時は一回世の中の仕組みから外れてみる

人生がしんどい時は一回世の中の仕組みから外れてみる

どうしても人生がしんどくて苦痛なときは、人生の流れを変えるのが大切です。

そのための最終手段として、正直オススメできませんが、世の中の仕組みから外れてみるというのがあります。

 

会社員として人生を歩んでいると、1つの枠組みの中でしか世の中を見ることができなくなってきます。

特に、仕事以外に人間関係を持たない人や友達が全員会社員という状況だと、会社員以外の人生が見えなくなってしまいます。

世の中には、いろいろな人生があって、いろいろな価値観があって、いろいろな考え方があるのに、それが見えなくなってしまうのです。

ときには、自分の生き方と違う人を激しく否定する人も少なくありません。

 

でも、それだと人生が少しでも上手くいかなくなると、どうすることもできなくて、しんどい日々を送ることになってしまいます。

そのため、趣味とか副業とかで自分と価値観の違う人たちとの交流を持つのが結構大切になります。

私は、趣味によって社長や自営業、お医者さんなどとの交流があって、会社員としての狭い考え方に固執することがなく助かった経験があります。

ただ、起きている時間の大半を会社員として過ごしている以上、それだけではどうすることもできなくなることは誰にでもあるわけです。

 

問題なのは、ずっとしんどい人生を送っていると心身ともにやられてしまうことです。

近年は、精神的にやんでしまう人が沢山いますが、それは自分とは違う価値観にふれることができなくなってしまっているためです。

特に、ブラック企業と言われるところに努めている人は、会社以外での交流がありません。

そうすると、会社の考え方が正義で、それ以外の考え方を持つのは間違っているとなってしまいます。

まあ、ブラック企業というのは、そうやって社員を縛り付けて逃げれないようにしているのですが。

 

だから、本当に限界が近いと思ったら、自分を否定するのではなく一回今の枠組みから抜け出すことが大切になってきます。

ただ、本当のブラック企業であれば、会社を辞めるという選択もありですが、そうでなければ会社を辞めるのはリスクが高すぎます。

だから、残業を1時間でも減らしてみるとか、有給をとるとか、休職してみるとか、一旦会社と自分を分離して考えてみることが大切です。

 

でも、せっかく作った時間をただ寝るために使用しては、全く意味がありません。

その時に、自分の会社と全く違う価値観で動いている人たちの考え方に触れることが大切です。

例えば、アフィリエイトや投資などをやってみるのも1つの手です。

 

それでも、人生がしんどい時は、会社を辞めることも視野に入れます。

そして、失業手当でのんびり過ごしてみて、違う世界の人と交流をしてみる。

そうすると、自分の悩みって会社員という考え方によってもたらされているもので、自分の人生が終わっているわけではない気がつけます。

再び会社員になっても、人生がしんどいということはなくなります。

 

ただし、会社を辞めるのは人によっては、ハイリスクになる可能性があります。

まあ、転職がうまくいかないということですね。

 

そのため、

  • ハローワークの求人情報をインターネットで調べておく
  • 今の職種以外で働くことを考えておく
  • 働き方を考えておく
  • どこまで自分の生活レベルを落とせるのか考えておく

など、下準備をしておく必要があります。

 

最初に最終手段でオススメできないと言いましたが、こういう準備がほとんどの人はできないからです。

私も考えてやめたわけではありませんし。

ただ、私の場合は専門職であったことと、正社員にこだわりがなかったので、すぐに再就職先が見つかりましたが。

 

正直言って、ほとんどの人は会社をやめることなく、人生の苦痛から脱出することができます。

でも、体調を大きく崩してしまったり、精神を大きく病んでしまう可能性が高い人は、会社を辞めるなど今の自分の価値観の中心になっている枠組みから抜ける必要が出てきます。

それは、決して自分が悪いわけでも、心が弱いわけでも、逃げたというわけでもありません。

 

心も体も病んでしまうと這い上がることができなくなってしまうと、人生をやり直せない可能性がものすごく高くなってしまいます。

でも、元気で明るければ、苦しい時はありますが絶対に人生はやり直しができますからね。

 

どこまでの人生のしんどさに耐えれるかは人それぞれ

ここまで人生がしんどい時のことを書いてきましたが、ほとんど人は誰かに話しを聞いてもらえれば済んでしまいます。

会社を辞めたりする必要がある人は、ブラック企業で働いていたり、パワハラ・モラハラ・セクハラを受けている人たちになってくるでしょう。

 

でも、人生がしんどい状態をどこまで耐えられるかは、人それぞれであり私も言うことができません。

私からしたら、しんどくないじゃんっていうことでも耐えられなくなる人もいるし、私が耐えられないことでも耐え抜く人もいます。

それは、それぞれが自分自身で判断しなくてはいけません。

 

そのとき問題になるのは、自分自身の判断が適切であるのかどうか。

これまでの人生で嫌なことから逃げてきた人は、もっと耐えることができるのに早々と諦めてしまいます。

また、責任感が強すぎる人は限界を超えて耐えてしまいます。

 

自分が本当にしんどいのかしんどくないのか?

こればかりは、普段から自分でいろいろと考えながら生きていくしかありません。

だから、チャレンジすることも必要ですし、多少の無理をすることも必要になってきます。

なんとなく人生がしんどいという人には、明るい未来は訪れないので普段から自分を知ることが大切だということです。




【ブログランキングに参加してます!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

このブログを読んで「ためになった!」と思ったら、ポチッとしてくれると励みになります^^

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。