人生が行き詰まって良いことがないと思った時に気分を変える5つの行動

人生が行き詰まって良いことがないと思った時に気分を変える5つの行動

どんな人でも、人生で行き詰まりや閉塞感を感じることはあります。

特に日々、会社などで仕事に追われていると、どうしても自分の人生がこのまま終わると感じてしまうからでしょう。

でも、そんな中でも、行き詰まったままの人と充実した人生を送る人がいます。

 

じゃあ、その違いは何なのか?

 

それは、人生に行き詰まりを感じた時にどういう行動をとったか?によります。

なぜか、ずっと行き詰まりを感じたままの人は、自らその場所にとどまろうとします。

 

でも、行き詰まりを感じたまま過ごしていると時間を無駄にしてしまって、人生の大切な時間を無駄にしてしまいます。

それに、行き詰まりを感じる状態から抜け出すのは、思っている以上に簡単なんです。

誰かに言われたことしかやって来なかった人は人生は行き詰まる

行動していると分かってくることですが、行動にも色々な種類があります。

  • 自分を変えていく行動
  • ただ時間をつぶす行動
  • 何もしないという行動
  • などなど・・・

そんな中でも、一番自分自身にとって苦痛になるのが、誰かに言われたからやっていると言う行動です。

そう言うと、会社での仕事を真っ先に思いつく人もいるかも知れませんが、ちょっと違います。

 

確かに、人生に行き詰まっている人の多くは会社員だったりしますが、会社員が悪いわけではありません。

私も契約社員ではありますが会社員ですし、結構会社にいる時は納期に追われていますが、人生に生き詰まった感じはありません。

確かに前の会社は、先が見えない時がありましたが、人生に行き詰まっているということはありませんでした。

 

では、何が人生にたいして、行き詰まりを感じさせているのか?ということです。

それは、誰かに言われたことしかやってこなかった人たちが、自分でどうすることもできなくなってしまっているからと言うのが一番です。

 

実は、自分で考えるのをやめ、誰かに言われたことをするだけというのは、かなり楽です。

会社員って楽だなって思うのは、そういうところだったりします。

しかも、会社員ってやることがだいたい決まっているため、働いている年数が多くなっていくと、どんどん考えることが少なくなっていきます。

 

そうすると、誰かに言われたことだけをやっているという感覚がものすごく強くなってきます。

もちろん、自分で考えて行動している部分はあるのに、仕事を自分で生み出していないという感覚の方が強くなってしまうんですよね。

だから、ものすごく人生に閉塞感を感じてしまうわけです。

 

とくに、今は受験勉強の仕方から、何から何まで誰かが用意してくれるので、閉塞感を感じた時に抜け出す方法を知りません。

さらに、時代的にも閉塞感をもたらしているため、よりいっそう人生に行き詰まっていると感じてしまうわけです。

 

だから、みんな答えを求めているのです。

ラクして、絶対に結果が出る答えを。

でも、そんなものはないことは、すぐに分かることなのです。

とにかく思いついたことを、何でもやってみる

とにかく思いついたことを、何でもやってみる

人生が行き詰まっている人の中には、ただ良いことがないから自分の人生は終わったと思っている人もいます。

なんか、「良いことないかな~」って、時々言っている人がいますよね。

 

でも、そういう人に「良いことって何?」って聞いてみてください。

結局は、ちゃんとした答えは帰ってきません。

要するに、なんにも考えていないんです。

何も考えていないから、行動もしていない。

それでは、良いことが起こることはありません。

 

良いこととは、自分で目的を見つけて、それに向かって行動する人に訪れるものです。

何か行動しているから、時々良いことに出会えて、さらに行動する力をもらえます。

だから、良いことがないなら、興味が湧いたことを片っ端からやれば良いんです。

 

人生に生き詰まっていると感じている人は、ちょっと気になることがあっても何かと理由をつけてやりません。

逆に、人生が楽しいという人は、ちょっとしたことでも自分ですぐにやってみようとします。

 

私は人生に生き詰まったとまでは行かなくても、嫌なことはそれなりにあるし、閉塞感を感じることもありました。

でも、最近はちょっと興味があったり、嫁さんに「これやってみたら?」と言われたことは、すぐに行動するようにしています。

もちろん、金銭的にとか時間的に無理なことはできませんよ。

 

それでも、そうやって思いついたことをすぐにやるようになってから、気持ちが大きく落ち込んだり閉塞感に包まれることはなくなりました。

それに、自分がちょっとやってみたいと思ったことを、すぐに行動したという経験がちょっとした自信にもつながっていて、色々なことがスムーズにできるようになりました。

 

とにかく、やらない理由を先に考えるのではなくて、ちょっとやってみたいことがあるなら、実際に行動してみてください。

本当にちょっとしたことをやっただけでも、気持ちがものすごく軽くなりますよ。

「ぼやく」のではなく、自分に「問いかけ」てみる

人生に行き詰まってくると、ぼやきたくなってきます。

気持ちは分からなくないのですが、ぼやいても何も人生は変わりません、

何しろ、ぼやくというのは生産性のない行動ですからね。

 

でも、同じ言葉でも、問いかけにすると全然意味合いが変わってきます。

 

「何か良いことないかな」って、ぼやいているときって、ただ言っているだけで何か良いことを探そうとしているわけではありません。

実際に、自分のことを考えてみてください。

ぼやいているときって、何かを探しているようで、何も探していないことを。

しかも、周りのことが全然見えていない人も沢山います。

 

でも、同じ「何か良いことないかな」でも、自分への問いかけにすると全く意味合いが変わっています。

まず、自分への問いかけにした瞬間に、それは良いことを探す行動を生み出します。

そして、周りを良くみて、良いことを探すようになります。

さらに、問いかけは脳に対しても働きかけて、脳が一生懸命「良いもの」を探してくれるようになります。

 

そうすると、現実は変わっていないけど、視点が大きく変わったことによって世の中の見え方が大きく変わります。

なんか、くすんでいた世界が色を取り戻すような感覚を持つ人もいるでしょう。

 

もし、閉塞感を感じている人は「自分に閉塞感をもたらしているものは何んだろう」という問いかけもいいでしょう。

人生が行き詰まっていると感じるなら、どうして自分が人生に行き詰まっているのかを、自分自身で知るということがものすごく大切です。

思い切って断捨離をする

思い切って断捨離をする

人生を変えるのに、断捨離を進めている人は沢山いますし、私もおすすめします。

人は周りに物があふれている中で生活していると、その沢山の物に無意識のうちに気持ちが縛られます。

例えば、失恋した時に恋人との思い出が身の回りに沢山あると、その思い出の品によって気持ちが思い出に縛られたままになって身動きが取れなくなる人がいます。

 

そのため、過去の自分の気持ちや現在の自分の気持を整理するためにも、断捨離はものすごい効果があります。

実際にやってみると本当に効果があるから、みんな進めているわけです。

 

もちろん、とにかく捨てるというのも効果があります。

でも、その物によって自分がどのような気持ちになっていて、行動ができなくなっているかを考えながら捨てると良いでしょう。

要するに、物と同時に自分の人生に閉塞感をもたらしている気持ちも捨ててしまうのです。

 

そうすると、物を捨てたことで部屋がスッキリするとともに、気持ちもスッキリして新しいことを考えることができるようになります。

本当に、人生が行き詰まっているのを何とかしたいなら、断捨離をして今までの自分の感情を一度スッキリさせるのが一番速いです。

違う分野の人に会いに行く

断捨離は物だけでなくて、人も有効です。

ただ、会社の人を断捨離はできませんし、急に友達とも会わないというのは人間関係をただ悪化させるだけで良いことはありません。

なので、最初は今まで付き合ったことがない分野の人との出会いを増やすのがおすすめです。

 

別に、何か学ばなくてはいけないとか、仕事のためとか抜きにして、自分の知らない分野の人と話をするだけでも気持ちが入れ替わります。

どうしてかと言うと、いつも自分の周りにいる人たちとは全く違う話ができるし、違う視点から物事を見ることができるようになるからです。

そうすると、自分がいかに狭い世界で、偏った考え方で生活をしていたのかに気が付きます。

そうすると、人生が行き詰まったなんて考え方をしていた自分が笑えてきます。

 

これは本当ですよ。

それに、自分よりも大変な思いをしてきた人って意外と沢山いて、そういう人たちと話をしていると勇気をもらえます。

 

多くの人が人生を変えたければ、人間関係を変えればいいと言っていますが、それは今までの人間関係では知ることができない考え方や行動の仕方を知ることができるからです。

そうすると、人生の中での選択肢が増えます。

それまでは、「A」を選ぶことができず、つまらなかった人生。

それが、「A」以外にも「B」や「C」を選んでもいいとなれば、人生が行き詰まるなんてことはなくなります。

しかも、すでに「B」や「C」の選択肢を体現している人が近くにいれば、失敗する可能性も低いので、安心して行動できます。

 

最初、人間関係を変えていくのはハードルが高く感じますが、方法は沢山あります。

ぜひ、チャレンジしてください。

副業を始めてみる

会社員って、何で気分が滅入るかと言うと、言われることをやっているだけだからです。

特に、多くの人は自分がしている仕事が最終的にどんな結果をもたらしているのかを実感できません。

もちろん、結果内容は知っているかもしれませんが、実感する機会がないわけなので他人事に近いのです。

 

そうすると、やっぱり自分のやっていることに意味を見出すのが難しくなってきますし、人生がつまらなくなってきて、行き詰まりを感じるようになってしまいます。

そのため、自分で考えて、決めて、動いて、結果を見届けるということを常にしていることが大切になってきます。

 

ちょうど今は、会社も自分の人生は自分で責任を持つようにと考え方を変えてきています。

それは、会社が社員の将来の面倒を見きれないという現実があります。

正直、人生がつまらないとか、人生に生き詰まったなんて、言ってられない状況になりつつあります。

だから、会社を辞めるやめないは別にして、自分で複数の収入源を持つことは、誰もが考えなくてはいけないでしょう。

 

多くの企業が副業を解禁している今、何かしらの副業に取り組んで、自分のことをしっかりと考え、行動することが大切です。

しかも副業は、自分で考えて、決めて、動いて、結果を見届けるということが経験できるため、やってみるとかなり充実した日々を送れます。

もちろん、結果はどうなるかは分かりませんけど(笑)

 

インターネットビジネスであれば、3万円もあれば教材を含めて十分ですので、リスクも少なく始めることができます。

そして、自分で人を集めて、価値を提供して、商品を売るという流れを経験することは、自分の人生を大きく変える可能性を持っています。

さらに、副業は付き合う人が変わるので、人間関係を大きく変える力も持っています。

もし、会社員としてだけの人生に行き詰まりを感じているようなら、お金や時間の許す範囲で取り組んでみるのがおすすめです。

何でもいいから行動したら、人生は動き出す

何でもいいから行動したら、人生は動き出す

今回あげた5つのこと以外にも、人生を動かす方法は沢山あります。

でも、どれにでも共通することは、日々自分の行っていることに変化をもたらすということです。

だから、寄り道だって良いわけです。

ただ、道を変えればいいというわけではなく、そこで新しい発見をしたり、気持ちをリフレッシュしたりが必要ですが。

 

そうやって、体を動かし、心を動かし、頭を動かす。

 

人生がつまらないとか、行き詰まっていると言う人は、体も心も頭も動いていないのです。

それを、精神的なことに答えを求めるから、多くの人はおかしなことになってしまいます。

 

まずは、新しい行動をして、色々なものを感じ、色々と考えましょう。

精神世界に頼るのは、それからでも十分です。




【ブログランキングに参加してます!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

このブログを読んで「ためになった!」と思ったら、ポチッとしてくれると励みになります^^

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。